BLOG ブログ

痛みの原因は神経や骨よりも筋肉のことが多い

痛みの原因は神経や骨よりも筋肉のことが多い

肩こりや首こりなどは、なんとなく筋肉が硬くなっていることによって引き起こされていることは、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

それでは、腰痛や股関節痛、膝痛、手足のしびれ、腰椎椎間板ヘルニア、変形性股関節症や変形性膝関節症なども筋肉が硬くなっていることによって引き起こされている可能性が高いと言われるといかがでしょうか。

これらのことは、神経の圧迫や、骨の変形によって引き起こされているというイメージがありますよね。今回は神経圧迫による痛みについて書いてみます。

神経は圧迫しても痛みを感じない

まず、最初にお伝えしたいことは、神経は圧迫しても痛みを感じることはありません。

「え?」って思いますよね。

「痛み」を「甘さ」に置き換えて考えてみたら、すこしイメージしやすいかもしれないです。

例えば、甘い生クリームを神経に塗ったとしたら、僕たちは甘さを感じることができるでしょうか?

おそらく、ほとんどの方が「できない」と答えるのではないでしょうか。

どうして甘い生クリームを神経に塗っても、甘さを感じないのでしょうか。
神経には甘さを感じる働きがないから、神経に甘いものを塗っても甘さを感じないわけです。

では、「痛み」はどうでしょうか?
実は痛みを甘さと同じです。痛みを感じる仕組みがあって、その仕組を通ってその情報が神経を通って、脳に届けられることによって痛みを感じています。
要は神経を圧迫しても痛みを感じることはないのです。

神経を身近なものに例えると、電気コードです。
電気コードの途中をいくら踏んづけても、かってに電気が流れることはないですよね?
むしろ、踏み過ぎたら断線してしまいます。
ですから、神経を圧迫して起こることは、「電気が通らなくなる」、つまり「麻痺」です。

「痛み」や「痺れ」を感じている段階で、痛みや痺れを感じる仕組みは正常に作用していますし、その情報を脳に届けることができているので、神経そのものは正常な働きをしているということになります。

神経を圧迫して痛みが出ているということは、体の構造上おかしなことを言っているのです。

このあたりのことは、こちらの動画でも説明しています!
 ↓

痛みを引き起こしている原因はきちんとある

痛みを引き起こしている原因はきちんとあります。その原因を解決しない限り、いつまでも痛みを改善することはできません。

痛みを作り出している原因や、筋肉が硬くなることによって、どうして変形性股関節症や椎間板ヘルニアのような骨の変形を引き起こすのかなども、順次説明していきます。